新着情報・重要なお知らせ

【受験生のみなさんへ】受験時における新型コロナウイルス感染症に対する対応について 新型コロナウイルス関連

2020年 2月 7日

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、令和2年1月28日に同感染症を指定感染症に指定する政令等が公布されました。
本学では新型コロナウイルスに関連した肺炎の感染拡大を受け、より安全な受験環境を保持するため、マスクの着用を励行していますので、ご協力をお願いいたします。
試験時間中はマスクの着用を認めています。ただし、受付時等、写真照合の際には担当者の指示に従って、マスクを一旦外すようにしてください。
また、本学では試験監督者および面接担当者もマスクの着用を励行していますので、ご承知おきください。

<感染症に関する注意事項>
入学試験当日、新型コロナウイルスに感染又はその疑いのある場合、次回に実施される試験への振替をいたします。
ただし、最終試験日「3月21日(土)」受験の方は、振替受験を実施いたしません。

受験生のみなさんにおかれましては、基本的な感染症予防策である、手洗い・うがいの励行やマスクの着用など、体調管理に十分注意して、受験に臨んでください。

【振替受験に関する問い合わせ先】 東大阪大学/東大阪大学短期大学部
入試広報部
TEL : 06-6782-2884(平日9時~17時)

【第二報】新型コロナウイルスに係る注意喚起 新着情報

2020年 2月 6日

現在、中国を中心に新型コロナウイルス関連肺炎の集団発生・感染症の拡大が報告されています。
2月5日現在、外務省海外安全ホームページでは中国湖北省全域の感染症危険情報レベル3と変わらず、中国のその他の地域が感染症危険情報レベル2「不要不急の渡航は止めてください」に引き上げられました。

これを受け、本学の学生および教職員の中国への渡航を全面禁止といたします。

中国から帰国された学生および教職員は、発熱や咳など体調不良の症状がある場合、検疫所への申告をおこなうこと。
又、他の学生・教職員への感染拡大予防のため登校・出勤を中止し、速やかに医療機関で受診して大学へ必ず連絡してください。
また、発熱など症状が無くても、帰国後2週間は健康観察をおこない、外出時はマスク着用をしてください。


【第一報】新型コロナウイルスに係る注意喚起 新着情報

2020年 1月 31日

昨年末より中華人民共和国湖北省武漢市において、新型コロナウイルス関連肺炎の集団発生・感染症の拡大が報告されています。
1月24日現在、中国湖北省について感染症危険情報レベル3「渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」がだされ、中国のその他の地域に対しても感染症危険情報レベル1がだされています。
あらためて海外への渡航を慎重に検討してください。

海外の渡航から本邦への帰国時、発熱や咳など体調不良の症状がある場合、検疫所への申告をおこなうこと。
又、他の学生・教職員への感染拡大予防のため登校・出勤を中止し、速やかに医療機関を受診して大学へ必ず連絡してください。
あわせて、人混みへの外出を控え、マスクの着用と手洗い・うがいの励行に努めてください。

なお、渡航にあたり国際交流センターへ「一時帰国等渡航届」を提出し、最新情報や緊急時の滞在先の日本領事館から連絡を受け取れるように、外務省海外旅行登録サービス「たびレジ」に登録してください。

外務省海外旅行登録「たびレジ」

【関連リンク】
中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について(厚生労働省HP) 海外安全情報(外務省海外安全HP)


back to top