大学案内

学長挨拶

学長 村上靖平

2003年4月に設立した全国で最初の「こども学部こども学科」は、卒業生が各地で活躍するなど充実発展してきました。
全国で初めての「こども学部こども学科」では、子どもをとりまく問題を大人の視点から解決するのではなく、子どもの視点に立って考える新しい学問「こども学」を探究します。
先駆的取り組みとして各界から注目を浴びている「こども研究センター」は、保育室や子育て支援室、保育観察室、子ども文庫などを完備し、東大阪市と連携しながら地域の子育て拠点としての役割・機能を果たすとともに、この活動が学生たちの「こども学研究」の基盤となっています。この施設を利用して学生たちが実践的に学び、 子どもに関する生きた知識・情報を習得しています。専門分野の研究と実践を土台に、幅広い見識と奥行きのある専門知識を備えた子どもに関するスペシャリストとして社会に貢献できる人材を育成しています。
また、2011年4月に、「こども学部アジアこども学科」を設立し、アジアを中心に世界の子どもを取り巻く社会の諸問題を追究し、 アジア諸国はもとより世界で幅広く活躍する人材の育成を目指しています。
両学科とも、海外の大学と連携し、学生の研修や留学、教員の研究に役立てています。

万物感謝・質実勤労・自他敬愛 ビジュアルイメージ

一方、昨年度、創立50周年を迎えた短期大学部は、本年度から学科名称を「実践食物学科」、「実践保育学科」に変更しました。社会のさまざまな要請に応え、「現場ですぐに役立つ教育」をモットーに、すぐに役立つ実践力を身につけるべく豊富な実験・実習や地域社会と連携した学習内容を編成しています。食物実践学科は素晴らしい施設・設備のもと、現代の食と健康をサポートするエキスパートを育成しています。また、実践保育学科は子どもの健やかな成長を導き、社会のニーズに対応できる実践的教育を中心に、あたたかい心を持った保育者の育成に力を入れています。これからの社会で必要とされる情報教育は特に力を入れるなど、社会で即戦力となる実践力の育成に力を入れております。
「万物感謝・質実勤労・自他敬愛」の学園訓のもと、「学問を通して人間をつくる教育」をモットーに、学生一人ひとりが、4年間あるいは2年間、充実した学生生活を過ごし、社会人になるために必要な能力を身につけ新しい自分を発見して卒業していってくれることを願っています。

いつも、キャンパスでは教師と学生が、学生どうしが談笑している、人と人のぬくもりを感じる明るく家庭的な学園です。

▲ページトップへ


back to top