入試・入学

奨学金制度

東大阪大学・東大阪大学短期大学部

学業優秀者奨学金

時期 各期初め
金額 授業料の半額相当額
条件 各期において、大学は学部・各学年ごと、
短大は各学科・各学年ごとに、学業・人物ともに優秀で、修学の熱意のある者。
備考 一年次後期より、選考の対象となる。 各1名

修学支援奨学金

時期 入学時
金額 入学金相当額
条件 AO入試・推薦入試を受験して入学する成績優秀で経済的理由により修学が困難な者
保護者(父母共に所得のある場合は2名分)の課税総所得金額が400万円以下
備考 大学、短期大学部それぞれ5名程度。所得の低いものを優先

私費外国人留学生学費減免制度

時期 毎年度ごとに申請
金額 授業料の 半額相当額
条件 「留学」の資格を有する私費外国人留学生
1年目は全員が減免の対象だが、
2年目以降は前年度の成績が不振の場合、減免の申請をできない。
備考 -

日本学生支援機構

第一種奨学金(無利息)

貸与月額 大学 自宅外通学:64,000円もしくは30,000円
自宅通学:54,000円もしくは30,000円
短大 自宅外通学:60,000円もしくは30,000円
自宅通学:53,000円もしくは30,000円
募集時期 4月
※学年途中で家計が急変した時は緊急採用されることがあります
応募資格 学力 3.5以上
返還方法 月賦
または月賦・半月賦併用
備考 奨学金は必ず返還することになっています

第二種奨学金(有利息)

貸与月額 30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円
(5種類の月額から選択)
利息 年上限3%
募集時期 4月
※学年途中で家計が急変した時は緊急採用されることがあります
応募資格 学力 平均水準以上
返還方法 月賦
または月賦・半月賦併用
備考 奨学金は必ず返還することになっています

日本学生支援機構奨学金については機構のホームページでも紹介しています。
日本学生支援機構ホームページ:http://www.jasso.go.jp

東大阪市奨学金

貸与月額 17,000円
利息の有無 無利息
募集時期 4月
条件 本人が東大阪市に住んでいること等
返還方法 半年賦
年賦
備考 奨学金は必ず返還することになっています

東大阪市奨学金については東大阪市のホームページでも紹介しています。
東大阪市奨学金ホームページ:http://www.city.higashiosaka.lg.jp/0000004837.html

学資ローン

国の教育ローンについて -日本政策金融公庫「国の教育ローン」-

「国の教育ローン」は、日本政策金融公庫において、入学・在学費用を融資する公的な融資制度です。
ご利用いただける融資基準については、下記ホームページをご覧ください。
詳細については、コールセンターやお近くの日本政策金融公庫または金融機関にご相談ください。

【お申込に関するご相談・問い合わせ先】

日本政策金融公庫 教育ローンコールセンター
TEL:0570-008656
http://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

学費サポートプランについて -オリエントコーポレーション「学費サポートプラン」-

株式会社オリエントコーポレーションと提携して、学費納入者の経済的負担を軽減するため、
簡単な手続きで利用可能な学納金分納制度『学費サポートプラン』を導入しています。
入学金や授業料などの学納金をオリコが学費納入者に代わって大学に立て替え払いする制度で、
学費納入者はオリコに毎月分割で支払うクレジット商品です。
 ※各種奨学金をご利用の方もご利用いただけます。

利用対象 学納金
融資限度額 10万円以上500万円以下(累積合計額)
【お申込に関する問い合わせ】 

株式会社オリエントコーポレーション 学費サポートデスク
フリーダイヤル:0120-517-325
(受付時間:9:30~17:30 ※土・日・祝、年末年始は除きます。)

ホームページからは、24時間受付可能です。
学費サポートプラン
 ・東大阪大学 お申し込みはこちら
 ・東大阪大学短期大学部 お申し込みはこちら

その他金融機関の「教育ローン」について

銀行、JAなど金融機関の多くでは、教育ローンを取り扱っています。
ご利用にあたっては、各金融機関の窓口で申込手続きを行います。
必要書類(申込者の収入証明書、本人確認資料、住民票など)や
手続き方法は金融機関によって異なりますので、ご確認の上お申込ください。

その他の奨学金

各奨学制度の運営団体より、案内があった場合は掲示を行います。各人で手続きを行ってください。

▲ページトップへ


back to top