東大阪大学短期大学部 実践保育学科

学科長メッセージ

保育者への夢をかなえたい!私たちが全力で支援します。

実践保育学科 学科長 野々村 宜博

保育の仕事は、人として成長する礎、すなわち人格形成の基礎を築く極めて大事な段階に関わる仕事です。単に子どもを導くだけではありません。例えば園の中では保護者に代わって世話をするという子育て支援をも担う大切な仕事です。さらに子どもの身体の成長や心の成長を感じ取れる職業でもあります。

実践保育学科では基礎・専門知識を得ることと同時に子どもたちの情操面の涵養を図るため多岐にわたる勉強を行います。授業は講義形式、演習形式さらに実習が組み合わされます。またボランティア活動も重視しています。

大学ではいろいろな経験をしてほしいです。また友達との関係も深めていってください。保育は人とのつながりが本質です。立派な保育者になって次代の子ども達を育ててほしいです。意欲と夢を持って大学生活を送ってもらいたいです。

back to top