教員紹介

渡邊 ルリ プロフィール

渡邊 ルリ

教授 [博士(文学)]

渡邊 ルリ Watanabe Ruri

担当科目

日本のことばと文学、言語表現法、国語、こどもと文学、セミナー、卒業研究

専門分野

日本近代文学

研究テーマ

中島敦・野上弥生子の文学/戦中・戦後の外地日本文学

著書

  1. 『伊勢志摩と近代文学』
    (共著:単著論文「庄野潤三「浮き燈台」論」)1999 和泉書院
  2. 『向田邦子鑑賞事典』(共著)2000 翰林書房
  3. 『紀伊半島近代文学事典』(共著)2002 和泉書院
  4. 『女の手紙』
    (共著:単著論文「野上弥生子―「先生」への手紙」)2004 双文社出版
  5. 『有吉佐和子の世界』
    (共著:担当「出雲・京都―「出雲の阿国」)2004 翰林書房
  6. 『大阪近代文学事典』(共著)2005 和泉書院
  7. 『滋賀近代文学事典』(共著)2008 和泉書院
  8. 『こども学序説』
    (共著:単著論文「こどもと文学―井上靖『しろばんば』に見る少年の成長―」) 2009 ナカニシヤ出版
  9. 『兵庫近代文学事典』(共著)2011 和泉書院
  10. 『丹羽文雄文藝事典』(共著)2013 和泉書院
  11. 『京都近代文学事典』(共著)2013 和泉書院

論文

  1. 『光と風と夢』試論
    (『叙説』第15号 奈良女子大学国語国文学研究室 1988 p74-118)
  2. 野上彌生子の文学的出発―『明暗』から『縁』へ―
    (『人間文化研究年報』第7号 1992 奈良女子大学大学院人間文化研究科 p130-142)
  3. 野上彌生子『或る男の旅』論
    (『人間文化研究科年報』第8号 1993 奈良女子大学大学院人間文化研究 p111-120)
  4. 『海神丸』論
    (『叙説』第21号 奈良女子大学国語国文学研究室 1994 p63-84)
  5. 『若い息子』論
    (『研究年報』第39号 1995 奈良女子大学文学部 p53-70)
  6. 野上弥生子『大石良雄』論
    (『叙説』第24号 奈良女子大学国語国文学研究室 1997 p215-229)
  7. 「立往生」の意味―『真知子』論―
    (『叙説』第25号 奈良女子大学国語国文学研究室 1997 p51-72)
  8. 真知子と「運動」―『真知子』論―
    (『叙説』第26号 奈良女子大学国語国文学研究室 1998 p15-32)
  9. 野上彌生子『多津子』論
    (『東大阪短期大学紀要』第25号 2000 p149-160)
  10. 野上彌生子『真珠』論
    (『東大阪短期大学紀要』第26号 2001 p207-218)
  11. <蠱疾>と<かめれおん>―『かめれおん日記』序論―
    (『東大阪短期大学紀要』第27号 2002 p22-36)
  12. 野上弥生子『茶料理』論
    (『東大阪大学・東大阪大学短期大学部教育研究紀要』第1号 2004 p112-102)
  13. 中島敦『李陵』論
    (『叙説』第33号 奈良女子大学国語国文学研究室 2006 p268-287)
  14. 中島敦『北方行』に見る一九三〇年中原大戦下の中国―『北方行』序論―
    (『東大阪大学・東大阪大学短期大学部教育研究紀要』第7号 2010 p95-110)
  15. 一九三〇年北平における不安と模索―中島敦『北方行』論―
    (『叙説』第38号 奈良女子大学国語国文学研究室 2011 p61-81)
  16. 中島敦『悟淨歎異』と有朋堂版『繪本西遊記』
    (『東大阪大学・東大阪大学短期大学部教育研究紀要』第8号 2011 p74-86)
  17. 中島敦『名人傳』論―「射の精神」を問う「寓話」―
    (『ASIA―社会・経済・文化―』第1号 2012 東大阪大学アジアこども学科 p147-180)
  18. 中島敦『悟淨出世』論―『繪本西遊記』『荘子』との比較を中心に―
    (『ASIA―社会・経済・文化―』第2号 2013 東大阪大学アジアこども学科 p131-160)
  19. 「革財布」論―可憐な精神―
    (『太宰治研究21』2013 和泉書院 p197-208)
  20. 一九三五年の台湾と野上弥生子 ―花蓮・大武の公学校教師との出逢い―
    (『アジア遊学』(167)2013 勉誠出版 p199-215)
  21. 上海日僑管理処発行『導報』(半月刊)中文版 第1期(1945,11,10)~第13・14期(1946,6,1)記事一覧
    (東大阪大学・東大阪大学短期大学部 教育研究紀要 第13号 2016 p59-80)
  22. 上海日僑管理処発行『導報』誌の中の日本人たち―内山完造・海野昇雄・林俊夫(三木七石)
    (『アジア遊学』(205)2017  勉誠出版 p214-233)
  23. 終戦直後の中国文化人が語る日本人―上海日僑管理処発行『導報』誌の一側面―
    (『ASIA―社会・経済・文化―』第3号 2017 東大阪大学アジアこども学科 p118-136)
  24. 野上弥生子『台湾』における花蓮
    (『東大阪大学・東大阪大学短期大学部教育研究紀要』第14号 2017 p65-78)
  25. 野上弥生子『台湾』における大武-日本人作家の視察と「頭目カヤマの一族」-
    (『ASIA―社会・経済・文化―』第5号 2019 東大阪大学アジアこども学科 p148-176)

口頭発表

  1. 「若い息子」の背景―昭和六、七年の野上弥生子―
    (日本文学協会第15回研究発表大会〔近代部門〕 1995 単独)
  2. 「真知子」の読み
    (日本近代文学会関西支部秋季大会1997 単独)
  3. 中島敦『李陵』論
    (阪神近代文学会研究発表大会1998 単独)
  4. 『過去帳』の構想について
    (日本近代文学会関西支部秋季大会 2001 単独)
  5. 子ども心の再発見と物語化―川端康成『伊豆の踊子』を視座として―
    (東大阪大学・上海師範大学共同シンポジウム「こども学の展望―日本と中国の子どもを考える―」 2006)
  6. 川端康成『父母への手紙』の構造
    (日本近代文学会関西支部秋季大会 2007 単独)
  7. 上海日僑管理処発行『導報』誌の中の日本人たち
    (ワークショップ≪戦時・上海・グレーゾーン―抵抗と協力のはざまで―≫ 主催:日本上海史研究会・中日文化協会研究会 2016 単独)
  8. 書評『堀田善衞の敗戦後文学論』
    (日本上海史研究会主催:国際シンポジウム<戦後上海の「選択」―人々の模索・移動・記憶>第2部 戦後上海における堀田善衛をめぐって―陳童君『堀田善衛の敗戦後文学論』を中心に―2018 単独)
  9. 終戦後上海の『導報』誌に見る日本―中日「親善」の模索
    (日本上海史研究会例会<戦後上海の「体験」―人びとの模索・移動・記憶>2018 単独)
  10. 野上弥生子『台湾』の視座―日本人作家の視察と理蕃政策―
    (日本近代文学会関西支部秋季大会2018 単独)
  11. 日本統治期台湾の日本語文献
    (5科研連合研究集会「東アジアにおける日本語資料―外地文化研究の現在」2018 単独)

社会活動

  1. 文部省初等中等教育教科用図書検定調査審議会会員(国語) 1995,4~1996,2
  2. 佛教大学スクーリング課講師 1998・2000・2002
  3. 大阪市文学講座講師 2001~2007
  4. 京都コンソーシアム非常勤講師 2001
  5. 日本近代文学会関西支部運営委員 2002~2005/2010~2013

所属学会

日本近代文学会 昭和文学会 植民地文化学会 天理台湾学会 日本児童文学学会 日本子ども学会

その他

  1. [紹介]村田秀明著「中島敦『弟子』の創造」(単著)(『日本近代文学』第68集2003 p274)
  2. 〔研究ノート〕絵本の中のカメレオン(単著)(『東大阪大学・東大阪短期大学部教育研究紀要』第9号2012 p61-69)
  3. [紹介]中島敦の会編『中島敦『李陵・司馬遷』』(単著)『國語と國文学』(東京大学国語国文学会 第1094号2015 p74-76)
  4. [書評]橋本正志著『中島敦の〈南洋行〉に関する研究』(単著)(日本近代文学会 関西支部会報 2017,10)
  5. [書評]陳童君著『堀田善衞の敗戦後文学論ー「中国」表象と戦後日本』(単著)(『昭和文学研究』第78集 昭和文学会 2019 p174-176)

競争的資金の獲得

  1. 野上弥生子『台湾』及び台湾関連日本近代文学の史料的・文学的価値に関する複層的研究 日本学術振興会科学研究費助成事業(基盤研究C)(研究期間2016年4月-2019年3月) 研究代表者

メッセージ

大学では、物語や絵本に「目に見えるもの」と「心の中にあるもの」が、どのように描かれているかを読み解き、さまざまな場面や心の可能性について、学生の皆さんと探究しています。

back to top