教員紹介

髙岡 忍 プロフィール

髙岡 忍

准教授 [ 修士(教育学)]

髙岡 忍 Takaoka Shinobu

担当科目

心理学概論、発達心理学、教育心理学、臨床心理学

専門分野

障害児臨床・発達心理学、特別支援教育

研究テーマ

自閉症児のイルカ介在療法、自閉症児の母親心理と支援の在り方、自閉症児の心理・教育的支援 など

研究論文・研究業績

  1. 遊戯療法を媒介とした重度知的障害のある自閉症児の行動変容
  2. イルカ介在活動の効果に関する考察–ある自閉症児の事例から
  3. 自閉症児を持つ母親の視点から (特集 特別支援教育のこれから–学習指導要領改訂を踏まえて) — (新しい動向の中で必要な視点)
  4. 自閉症児を対象としたイルカ介在活動の効果–香川県さぬき市での実践事例から–(共著)
  5. 自閉症児を対象としたイルカ介在活動の効果に関する事例研究(共著)
  6. 自閉症の子どもを持つ母親研究に関する文献的検討:当事者としての筆者の自閉症子育て体験の視点から
  7. 母親の視点で捉えた自閉症児の乗馬療法の効果
  8. 自閉症児を対象としたイルカ介在活動と発語と環境文脈との関連(共著)

社会活動

  • 元大阪府立東大阪支援学校PTA会長
  • 大阪府立東大阪支援学校非常勤講師
  • あいるケアサービスアドバイザー
  • 芦屋大学・大阪芸術大学・大阪芸術大学短期学部非常勤講師

所属学会

  • 日本児童青年精神医学会
  • 日本発達障害学会・日本自閉症スペクトラム・生涯発達科学界

メッセージ

実際に自閉症の子どもを持つ母として、親の視点から子どもの発達、支援を考えていきたい。

back to top