新着情報

「学生によるオレンジリボン運動」開催のお知らせ 新着情報

2018年 10月 2日

10月21日(日)、東大阪大学短期大学部 実践保育学科が子ども虐待防止をテーマとした「学生によるオレンジリボン運動」を実施いたします。(翔愛祭と同日開催)

学生によるオレンジリボン運動

今年6月、虐待により亡くなった女の子が遺した「もうゆるして」と綴ったノートが日本中に衝撃を与えました。児童相談所での児童虐待相談対応件数は平成29年度133,778件(速報値)で、平成2年度の調査開始以来毎年増加し続け、過去最多となっています。
「オレンジリボン運動」は、子ども虐待防止のシンボルマークとしてオレンジリボンを広めることで、子ども虐待をなくすことを呼びかける市民運動です。オレンジリボン運動を通して子どもの虐待の現状を伝え、多くの方に子ども虐待の問題に関心を持っていただき、市民のネットワークにより、虐待のない社会を築くことを目指しています。

東大阪大学短期大学部 実践保育学科は幼稚園教諭や保育士などの保育者養成に取り組んでおり、卒業研究では「子ども虐待防止」をテーマとして研究を進めてきました。
この度、地域の皆さまに「子ども虐待の問題」に関心を持っていただきたく、「学生によるオレンジリボン運動」を実施することにいたしました。
この運動では、学生手作りのオレンジリボンの配布、子ども虐待防止に関する学生制作の紙芝居・歌・寸劇の発表会、来場した子どもたちによる一言メッセージなどを行う予定です。

開催日時:2018年10月21日(日)午前10時~午後3時ごろ
(同日は東大阪大学・短期大学部の大学祭「翔愛祭」を開催)
場所:東大阪大学キャンパス(東大阪市西堤学園町3-1-1)

【学生によるオレンジリボン運動に関するお問い合わせ】

東大阪大学短期大学部 実践保育学科
担当者:実践保育学科 西木貴美子
TEL.06-6782-2824(代表)(平日9時~17時)
Email:knishiki@higashiosaka.ac.jp