教員紹介

重松 義成 プロフィール

重松 義成

助教 [修士(社会福祉学)]

重松 義成 Shigematsu Yoshinari

主な担当科目

介護の基本I、コミュニケーション技術II、介護過程II、介護実習I・II

著書

  1. 福祉小六法 (株)みらい
  2. 保育福祉小六法 (株)みらい
  3. わかりやすい介護技術 ミネルヴァ書房
  4. 社会福祉概論 ふくろう出版
  5. 社会福祉援助技術 大学図書出版
  6. 医療的ケアガイドブック―ケアが街にやってきた― (株)クリエイツかもが
  7. ワークで学ぶ介護実習・介護総合演習 (株)みらい
  8. 児童家庭福祉 大学教育出版
  9. 学ぶ・わかる・みえるシリーズ保育と現代社会「保育と社会福祉」(株)みらい
  10. 学ぶ・わかる・みえるシリーズ保育と現代社会「保育と児童家庭福祉」 (株)みらい
  11. 認知症がある人をケアする-BPSDによる生活場面の困難さ- 学文社
  12. ソーシャルワーク演習のための88事例実践につなぐ理論と技法を学ぶ 中央法規出
  13. 福祉と教養 (株)みらい

論文

  1. 介護福祉士養成に関する一考察(修士論文) 吉備国際大学大学院
  2. 卒後教育の効果に関する研究―卒後教育を通し、介護福祉士の質の向上・学生への効果・教育のあり方を検証する― 介護福祉教育№24(日本介護福祉教育学会)
  3. 昭和の生活文化研究 佐賀短期大学紀要第38巻
  4. 文部科学省「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」「佐賀県における産官学連携による『介護予防支援士』養成プログラム」 佐賀短期大学 さが介護予防支援協議会
  5. 文部科学省「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」「佐賀県における産官学連携による『介護予防支援士』養成プログラム」 佐賀短期大学 さが介護予防支援協議会
  6. 文部科学省「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」 「佐賀県における産官 学連携による『介護 予防支援士』養成プログラム」 佐賀短期大学 さが介護予防支援協議会
  7. 向きあう力を高めるための自己理解、他者理解、状況対応力の涵養-介護福祉士を目指す学生の職業意識を育むための教育- 永原学園・西九州大学短期大学部紀要第42号
  8. 「価値」に基づく援助の実践(力の涵養)―実習場面の気づきを通しての考察― 福岡医療福祉大学紀要 第9号
  9. 三短大専攻科介護職 実践セミナー報告書 九州大谷短期大学・精華女子短期大学 西九州大学短期大学部
  10. 韓国の発達障害児支援-ネットワークの活用と支援の専門性向上のための取組-永原学園・西九州大学短期大学部紀要第44号
  11. 初学習段階における「介護実習記録」を課題とするルーブリック評価の試作と活用 帝京科学大学紀要第13号

学会報告等

  1. 向きあう力を高めるための自己理解、他者理解、状況対応能力涵養Ⅰ―EQとコミュニケーションの関連性― 平成22年4月 日本生活支援学会 第2回全国大会
  2. 向きあう力を高めるための自己理解、他者 理解、状況対応能力の涵養Ⅱ―実習後の学生調査を実施して― 平成22年4月 日本生活支援学会第2回全国大会
  3. 向きあう力を高めるための自己理解、他者理解、状況対応力の涵養Ⅲ~介護福祉士を目指す学生の職業意識を育むための教育~ 平成22年9月 日本介護福祉学会
  4. 「尊厳を支える介護」の教育に向き合う~実習場面の気づきを通して~ 平成22年9月 日本介護福祉学会
  5. 介護職員の雇用定着に関する研究~離職したいと考えてしまう職場要因の抽出 平成25年8月 日本介護福祉教育学会
  6. 三短大介護職実践セミナー報告会の意義―1年課程介護福祉士養成施設三短大合同による介護職実践セミナーの教育効果― 平成26年8月 日本介護福祉教育学会
  7. 介護職員の雇用定着のために施設長がなすべきこと 平成26年8月 日本介護福祉教育学会
  8. 認知症サポーター養成講座の感想を活かす 平成27年4月 日本生活支援学会
  9. 自社開発教育システム運用で現場安定を目指す」 平成28年7月 日本在宅医学会
  10. 介護福祉士養成課程にける「介護総合演習」「介護実習」の学習課題に対するルーブリック評価作成と活用 平成28年9月 日本介護福祉学会大会

外部資金獲得等

  1. 厚生労働省社会福祉推進費補助事業「介護保険施設における介護福祉士の配置の評価に関する研究」 平成21年3月 日本生活支援学会
  2. 厚生労働省社会福祉推進費補助事業「介護福祉士の専門性の質的評価と活用に関する研究」 平成22年3月 日本生活支援学会
  3. 高齢者介護施設の施設長の事業運営方針と職員の帰属意識の関連性(離職率を防止するための施設運営のあり方) 平成22年3月 非活動営利法人日本介護経営学会
  4. 介護職員の雇用定着に関する研究~介護労働の特性と雇用管理の適正化に着目して~ 平成23年4月から平成25年3月 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C)課題番号11013629
  5. 介護老人保険施設における介護職の医行為や事務業務の実施について 平成24年1月非活動営利法人日本介護経営学会
  6. 管理職のための研修プログラムの開発~介護従事者の離職を防ぐための管理職の役割~ 平成26年度から平成29年度 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C)課題番号11013629

研究助成その他

  1. 短期大学研究助成
    「韓国の短期大学生との交流と異文化体験」―韓国釜山女子大学との学生交流・教員間研究と異文化理解- 平成18年から平成20年度
  2. 文部科学省高度教育化推進経費
    文部科学省「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」佐賀県における産官学連携による『介護予防支援士』養成プログラム 平成19年度から平成21年度
  3. 永原学園教育研究基金特別研究助成
    「介護活動に活かす回想法実践」―卒業研究とのコラボレーション―  平成20年度

社会活動

  1. 日本赤十字社
    日本赤十字社救急法指導員、日本赤十字社幼児安全法指導員、日本赤十字社健康生活支援講習一般指導員
  2. (財)介護労働安定センター
    実務者研修講師
  3. 名古屋市認定手話通訳者
  4. 公益社団法人大阪介護福祉士会
    介護福祉実習指導者講習会講師、講師養成講習会講師、介護福祉士受験対策講座講師、介護技能実習指導員講習会講師、初任者研修講師、介護基本研修講師
  5. 愛知介護美容研究会「実務者研修教員講習会」講師
  6. 日本医療企画「実務者研修教員講習会」講師
  7. 一般社団法人ヘルスケア人材教育協会顧問 実務者研修教員講習会」講師
  8. 日本ヒューマンケア・サービス協会代表理事

メッセージ

介護の楽しさや奥深さ、介護福祉の専門性について「一生、学び続けたい」と思っています。介護福祉の「専門性」について、ともに(共に・友に・智に)考えていきましょう。

back to top