教員紹介

源 伸介 プロフィール

源 伸介

教授 [ 博士(学術)]

源 伸介 Minamoto Shinsuke

主な担当科目

食品学概論、食品学実習

専門分野

機能性食品、産学官連携

研究テーマ

  1. 「葉酸の認知向上・摂取推奨活動の推進」
    葉酸は胎児の「二分脊椎症」をはじめとする、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減する栄養素であるが、日本では葉酸の摂取・認知の遅れから二分脊椎症の発症は増加傾向である。この解消のために栄養学の立場から葉酸摂取の重要性について、広く情報を発信していく活動を行っていく。
  2. 「産官学連携による再生医療サポートシステムの構築」
    再生医療分野の産業化のためには、独自の技術を保有したモノづくり企業が研究や医療現場で使用する機器等へ参入することが必須である。このため、平成22年度地域イノベーション創出研究開発事業や平成23年度近畿経済産業局「地域新成長産業創出促進事業(再生医療の産業化サポート事業)等の産官学の連携による再生医療サポートシステムを構築していく。

論文等

  1. S. Minamoto, K. Kanazawa, H. Ashida, G. Danno and M. Natake“The Induction of Lipid Peroxidation in Rat Liver by Oral Intake of 9-Oxononanoic Acid Contained in Autoxidized Linoleic Acid” Agric. Biol. Chem. , 49, (9), 2747-2751, 1985.
  2. S. Minamoto, K. Kanazawa, H. Ashida and M. Natake“Effect of Orally Administered 9-Oxononanoic Acid on Lipogenesis in Rat Liver” Biochem. Biophys. Acta, 958, 199-204, 1988
  3. M. Natake, K. Kanazawa, M. Mizuno, N. Ueno, T. Kobayashi, Danno and S. Minamoto “Herb Water-extracts Markedly Suppress the Mutagenicity of Trp-P-2” Agric. Biol. Chem. , 53, (5), 1423-1425, 1989.
  4. S. Minamoto and K. Kanazawa  “Electrochemical Determination for Enzymic Production of Ultimate Carcinogen from Tryptophan Pyrolysate by Rat Hepatic Microsomes” Anal. Biochem. 225, 143-148, 1995.
  5. S. Minamoto and M. Kim “High Quality and Tasty Catechin” Proceeding of 2004 International Conference on O-CHA GINGER_SOFATWARE_correct”>(tea) Culture and Science, 758-762, 2004

学科BLOG

健康栄養学科 BLOG

back to top